東京にあるシェアハウスの魅力について

東京にあるシェアハウスには、様々な魅力があります。一人暮らしだと家に帰っても誰もいないので寂しいと感じる人も多いですが、他の人の気配が常に感じることができるので寂しくありません。女性の一人暮らしの場合にはセキュリティ面も気を使いますが、他に人がいるのでそういった面でも安心できます。それから、普段あまり出会わない人とも交流ができるといった魅力もあります。普段から人と知り合う時には、同じ学校であったり同じ職場であったり、どうしても似たような環境の人ばかりになってしまいがちです。しかし、全く違うジャンルの学校に通う人であったり、異業種に勤める人であったり、あるいは海外から来た外国人であったりと、普段触れ合うことのない人とも交流できるのがメリットです。

東京に住むと選択肢が広がります

シェアハウスという住居の形態は、昔からあるものではなく比較的新しいものです。最近ではニュースやテレビ番組などでも取り上げられるようになり、特に若者の間で人気が高まっています。しかし、地方都市などではまだまだ珍しく、物件数も多いとはいえないのが現状です。それに比較すると東京は人口も多いのでシェアハウス用の物件も多く、様々なスタイルの住居を自分の好みに合わせて選ぶことができます。例えば、木の温もりが感じられるレトロな雰囲気の部屋があったり、バイクやダンスルームなど趣味のスペースがあったり、テラスや庭がついているような物件もあります。また、女性専用の物件もあり、様々な種類が豊富に揃っています。物件選びの際には、予算や自分のライフスタイルに合わせて選択することが可能です。

共同生活ならではのトラブルもあります

今まで暮らしてきた環境が違う人達が集まるので、些細なトラブルはつきものなのが共同生活です。例えば、スリッパの音が気になるとか、ゴミのリサイクルのルールを守らない人がいる、隣の部屋の音楽が気になって眠れないといったトラブルは起こりがちです。1つ1つは些細なことなので我慢してしまったけれど、不満が溜まってついに爆発して大喧嘩なんていうこともあります。しかし、そういった揉め事も含めて、共同生活ならではの楽しみでもあります。現代は近所付き合いや親戚付き合いなどが薄れて、人付き合いのスキルを学ぶ場面が少ないという側面があります。他人と共同生活を送ることで人とのコミュニケーションスキルを学ぶことにもなりますし、喧嘩をした後の方が仲良くなれる場合もあります。