東京でシェアハウスを探す際のコツ

シェアハウスとは、自分の部屋とは別にキッチンやトイレ、お風呂などのスペースを他人と共有しながら暮らすスタイルの賃貸住宅をいいます。敷金や礼金がなく、家具も付いているため初期費用が安く引っ越しをしやすいメリットがあります。さらに1人暮らしではなかなか住むことができない広い共有スペースを利用できるのも魅力です。また色々な人との交流を求める人にも人気があります。新しい暮らし方の選択肢として近年その数は増えていますが、中でも東京にはたくさんの物件があります。そもそも生活する人の数が多いため、東京では必然的に物件の数も多いのですが、中でも様々なコンセプトのハウスがたくさんあるのも特徴です。そんな数ある物件の中で自分にあった場所を探すにはコツが必要です。

求めるライフスタイルに合わせて探す

せっかくシェアハウスに住むのなら、安さだけをチェックするのはもったいないです。古い一軒家を改装した物件からビル一棟をまるごとリノベーションした物件など、一つとして同じ物件はありません。ロケーションも雰囲気も、部屋の広さも家具も、物件によって全く異なります。例えば古い昔の家を改装し、食器や調度品もアンティーク感漂う雰囲気のある物件もあれば、入居者同時で楽しめるバーベキューもできるバルコニー付きの物件もあります。屋上に出られるビルタイプの物件であれば、晴れた日は見晴らしもよく気持ちよく過ごすことができます。どんな暮らしをしたいかによって選択肢は広がります。ウェブサイトの写真だけではなく物件は必ず見学に行き、できるだけ複数を見て周るようにしましょう。

運営する管理会社をチェックしながら探す

シェアハウスを選ぶ際のコツとして以外にも大切なのが、管理運営する管理会社をチェックすることです。他人との共同生活のため、必ず管理会社によって決められたルールがあります。ごみ捨てや掃除に関すること、友人を呼ぶ際の時間や宿泊まで、細かく決められています。こうしたルールには管理会社の考え方が少なからず反映されています。こうしたルールをしっかりと決めて守られているハウスは、やはりお互い気持ちよく暮らしやすいといえます。ルールがずさんであればトラブルが起きやすくなってしまいます。そんなときでも、きちんと対応してくれる管理会社が望ましいですが、見分け方のポイントとしては定期的に物件に立ち寄り、見落としがないかをチェックしている管理会社は信頼できる1つの目安といえるでしょう。