東京のシェアハウスを探す前に知っておくべきこと

シェアハウスは東京に多いタイプの住居ですが、これは、自分の部屋とは別に、共同で利用できる共有スペースのある賃貸住宅で、最近では非常に人気が出ています。ここには普通の社会人、外国人、外国語の勉強がしたい人など、さまざまなタイプや目的の人を対象にした、個性的で魅力的な住居もたくさんあります。ただ、このような住宅がどんなものかを知らない人も多いので、実際に借りる場所を探してみる前に、どのような契約を行い、どんな生活になるのかということや、借りる際の注意点などを知っておいた方が良いでしょう。自分に合ったところを選び、このような住居ならではの楽しさを味わえるように、ここでは部屋を探す前に把握しておいた方が良いことについて、書いていくつもりです。

入居契約を行う場合に注意すること

シェアハウスを東京で探す場合には、契約内容が納得できるところを選ぶことが大切です。この種の住宅の賃貸では運営事業者と入居契約を行うことになっており、この場合は敷金、礼金の代わりにデポジットと呼ばれる保証金を払うことになる場合が多くなっています。そして、デポジットは原則的には退去時に返却されますが、部屋を破損したりしたときは返ってこない場合もあります。この他、契約期間や光熱費などの費用に関しても、それぞれの住居によって違うので、契約条件をしっかりと確認した上で、これなら大丈夫と思えるところを選ぶことをお勧めします。また、この種の住居では共有部分の使い方についても、それぞれがある程度のルールを決めている場合が多いので、その点も良くチェックしておく必要があります。

いろいろな人が楽しむことができる住居です

東京でシェアハウスに住む場合のメリットとしては、外国人も含めていろいろな職種や価値観の人達と交流が可能であるということや、女性だけの場所、ペットを飼うことができる場所などのように、特定の条件を持つところがたくさんあるので、その中から自分の希望に合ったところを選びやすいということなどが挙げられます。さらに、共同住宅と言っても自分の部屋はあるので、プライバシーを守ることは可能ですし、人とあまり関わりたくない場合にはそういう人に向くようなところを探すこともできます。ただ、どのような目的で選ぶにせよ、借りる前にその住居をしっかりと見せてもらったり、運営事業者の人と契約前に会って、疑問点に関してきちんと聞くようにすることが大切です。さらに、この種の住居は共同住宅なので、共有部分だけとはいえ、共同生活を送るという自覚を持って部屋探しをすることが必要です。